電話番号

問い合わせ

依頼/注文

photo photo
大切なものにしっかりと向き合いたい 納得感を持った上でご発注頂きたい その時だけではない様々な悩みに応えたい
着物を仕立てる・仕立て変える
photo

反物や仮絵羽の状態から
仕立てたい

お持ちのものの
寸法を直したい

お持ちのものを
リメイクしたい

良く頂くご質問

Q:きものは1回着ただけでも洗ったほうが良いのですか?

着物に限らず、お洋服も逐次洗濯されているように、着物も汚れに応じた対処をする事が着物を長持ちさせる秘訣でございます。
ちなみに、汗での汚れや水性の汚れは、乾いてしまうと見えにくくなってしまい、時間の経過と共に「シミ」となって浮き上がってくる場合やファンデーションなどの汚れによる変色なども起きる場合がございます。ご着用後は、汚れやすい個所や汚したかもしれないと思われる場所をチェックしそれに応じた対処をお勧めいたします。

Q:汗をかいたら、丸洗いだけではダメだと聞いたのですが…

丸洗いとは、簡単に言うと着物のドライクリーニングだとお考えいただければと思います。
こちらは油性の天然洗剤を用いてクリーニングされますので水性の汚れ(汗など)を落とす効力は低いと言われております。
弊社の場合もそうですが、丸洗いの際に「下洗い」をしっかり致しますので汚れに対する効力も多少あるかと思いますが、その場合は丸洗いの費用が若干高めに設定されていると思います。
ちなみに、汗取りなどのサービスを行っている場合は、より効果的な洗浄が可能でございますので専門家へのご相談や、お見積もりを依頼される事をお勧めいたします。

Q:着てない着物にカビが生えるのはなぜ?

着ていない着物にカビが生えるのは、カビが汚れによるものではなくカビ菌によるものだからです。
カビ菌は綺麗だと思っている場所にも存在しており湿気や湿度が高いところで増殖するという特性をもっておりますので、湿気や湿度が高いところですと、お召しになっていなくてもカビが発生する場合がございます。

Q:黄変が出ているといわれたんですけど…

黄変とは繊維が黄色く変色したものでございますので黄色シミとは見た目は似ているのですが異なるものでございます。
こちらは、汚れた個所を数年放置したことにより焼けてしまったものでございますので洗いで除去するだけでなく、漂白や脱色によって汚れの原因の除去を行い、もともとの生地に合わせ、色を掛けていく(色を染める)作業が必要になります。

Q:お酒をこぼした時ってどうすればよいの?

お酒など水性の汚れの多くは、乾いてしまうとどこにシミがあったのかを見つけることも困難になる場合がございますので、早めの処理が一番重要となります。また、その場で擦ったりすると、そもそもの生地を傷めてしまう可能性や汚れを刷り込んでしまい、取れにくくなる場合がございますので、焦らず、ティッシュなどの吸水性の高い乾いたものを近づけ、たたかずに吸い取らせるようにするのが良いかと思います。
また、出来る限り吸い取った後は、ティッシュを被せ他の面に移らぬように保護しお早目に専門家に対処を依頼することをお勧めいたします

Q:ガード加工って色々な種類があるけど、どれが良いの?

着物のガード加工には様々な種類がございますが、基本的には撥水力や防カビ効果を高める溶液をかけることで着物をガードするものでございます。こちらの溶液の差や、登録商標により様々なガード加工の名称がございますが基本的には同じような効果を持ったものでございます。なお各社の溶液や加工工程の差により、色掛けなどを行う場合に取れにくいものもございますので、ガード加工を行ったお店にお問い合わせ頂ければと思います。
また、弊社のガード加工の場合は特殊なガード加工になっておりますので、だいたい丸洗い4~5回に対して再ガード加工をする事をお勧めいたします。

Q:汗をかいた時、どうやって見分ければいいの?

photoお着物をお召し頂いた後、着物を着物ハンガーなどにかけてシワを落としますが、その際にシワが取れにくくなっている部分が汗のついている箇所です。そのまま放っておくとシミの原因となりますのでタンスなどで長期保管をする前には「汗抜き」をする事をお勧めします。 なお、汗をかきやすい所としては、背中・胸・関節・帯の下などがございますのでお召し頂いた後、そこをチェックすると分かりやすいかと思います。

自分で行う日頃のお手入れはこちらへ
その他のご質問やお悩み相談はこちらへ
Before→After
before

Before

after

After

色が少し派手になってきたという事で着用機会が減っていた紬のお召し物に全体的にグリーンの色掛けを行った加工例。

その他の事例はこちらから
ページのトップへ戻る